求人募集でアルバイトを集める方法

アルバイト求人募集の方法

今まで、求人募集をしても採用できなかった経験のある人は非常に多いと思います。その悩みを持つ人、深刻さは年々増しており、経営者にとっては死活問題となっています。ここではそもそも求人募集の方法としてどういったものがあるか、を改めて考え効果的な求人募集方法を探っていきたいと思います。

求人募集する媒体は複数あるので、採用したい層(学生なのか、主婦なのかなど)や費用コスト等によって効果の高い媒体を選ぶことが重要となってきます。また、地域の特定も重要です。自宅から通う学生アルバイトの通勤時間の平均は10~20分が多く、学校に通う人の場合は30~60分が多いです。それも踏まえて効果的だと思える地域を対象に募集をかける必要があります。したがって、アルバイトを募集する際に、なるべく多くの人にアピールしようとして募集地域を広げても、コストが増えるだけでその割に応募効果は上がらないと思われます。

アルバイトの募集方法はどの媒体を利用するのが最も効果的なのでしょうか?以下では主な募集媒体とその期待できる効果を紹介していきます。

駅への求人掲示 年齢を問わず幅広く募集できる。コストが安くて済む。
不特定多数の人の目に留まるので特定層に絞って募集したい場合には不向き。
情報誌 タウンワークやバイトル等が代表で、若年層を中心に幅広く募集できる。
駅売店やコンビニエンスストア、ファミリーレストラン等に幅広く置いてあるので、学生を中心に若年層への訴求効果が高い。コストの割に採用できないケースも。
地域版
新聞折り込み
広告
主婦層を中心に募集できるので、パート採用や郊外のお店には効果的。
新聞折り込み広告をチェックする主婦への訴求効果が高い。広告のデザインは自由度が高く、またエリアを絞って広告を出すことが出来る。
学校への掲示 基本的に無料で学生を募集することが出来る。
学校の掲示板は学生側にも安心感があるので、効果が期待できる。学校が近くに無いお店は使えない。
店内の張り紙
従業員による
口コミ
自店の利用者に協力してもらって募集。この方法が最も手っ取り早い。
募集の範囲は狭いものの、自店に親近感をもつ者からの募集となるので、定着率は高い。積極的な協力者がいるか否かが問題となる。


応募条件の見直しも必要

現在、アルバイト募集にお悩みのお店の傾向として、正直に言うと待遇面で他店と劣るお店が多いです。どれだけアルバイトの募集をしても待遇面が悪ければ、採用できなくて当然です。特段良い条件を提示する必要はありませんが、平均的な条件は提示する必要はあると思います。改めて他店の募集状況を確認して、他店と比べて劣る点はないか、確認する作業も必要です。

 


外国人アルバイト雇用の検討

弊社では、人材不足の対策の一つとして、「外国人アルバイト」の紹介事業を行っております。弊社のお客様は意外なことに、業歴の長い老舗のお店が多いです。それはきっと時代の変化に敏感で、「強いものが生き残るのではなく、変化に耐えうるものが生き残る」というダーウィンの言葉に表れるように、変化できるお店や会社が長く生き残るという事なんだと思います。外国人アルバイトは年々増えており、今やお客さんの印象で外国人アルバイトだからという理由だけで不満に思われる方は少ないです。外国人の中でも親日で真面目な台湾人やベトナム人の採用を検討してみたい方はコチラをご覧下さい。