農業の人材紹介

農業の人手不足が深刻化しています。農業従事者の高齢化が進み、現在の農業従事者の平均年令は60歳を超えており、労働力不足や担い手不足による耕作放棄地の増加、農業人口の減少が大きな課題になっています。

一方で、これらの人不足を補う為に各地域、各団体、各農家毎に、様々な取り組みが行われています。また、若い新規就農希望者が増加していることや、企業の農業参入による地方の雇用増加など、農業界にとって今後の可能性も見えてきています。

国の政策としては若い世代の育成や、地域による収穫期の協力体制を強めること、更には外国人労働者の採用などを推奨しています。その中で、弊社では農家さんへ、台湾人ワーキングホリデーの人材紹介を行っております。


農家さんのニーズ

一年中ずっとというより、収穫期や出荷時の繁忙期だけ人手が欲しい、という農家さんにとって、弊社の人材紹介はお勧めです。

外国人材の活用というと、技能実習生を聞かれたことがあるかと思いますが、技能実習制度だと数年間ずっと受け入れ続ける必要があります。ずっと人を雇用するのはコストが割高になってしまいますし、人件費を払い続けられるか不安かと思います。

そうではなく、「1~3ヵ月の短期間だけ人手が欲しい」という農家さんはお気軽にお問合せ下さい。ワーキングホリデーの人材をご紹介させて頂いております。


台湾人ワーキングホリデーの人のニーズ

ワーキングホリデーは一年間という期限付きのビザです。一年間の中で、日本の色々な所へ行って色々な経験をしたい、と思う台湾人が多いです。東京や大阪、北海道、その他の地域も行ってみたい。そう思う台湾人にとって、3ヵ月程度住み込みで働ける農家さんは貴重です。


台湾人がお勧めの理由

台湾人は親日的で真面目な性格の人が多いです。文化も日本人に近く、謙虚で、「おもてなし」の分かる人たちです。外国人と接したことが無い農家さんでも、特に違和感なく受け入れして頂いています。ちなみに今まで、彼ら台湾人を紹介して、クレームになったことは一度もありませんもう少し台湾人の性格や背景を知りたい方はコチラ

ワーキングホリデーは30歳まで、という年齢制限があるので、ご紹介する人材は20代ばかりです。20代という若い労働力は、農家さんにとって非常に魅力的かと思います。

そして、ワーキングホリデーで日本に来る台湾人のほとんどが社会人経験のある人ばかりです。ビジネスマナーや礼儀が身に付いた彼らですので、農家さんにご迷惑を掛けることもありません。


契約について

台湾人のワーキングホリデーの人たちは、農家さんでの直接雇用ではなく、人材派遣会社に所属をするので、労務管理や余計な手間も無くて安心です。初期費用も必要なく、目安として、最低賃金+300~500円の派遣時給が人件費+手数料です。

一点、受け入れ時の必須条件としては、彼らの住まいの用意をして頂く必要があります。基本的に彼らは身一つでやって来ますので、住む部屋と、寝具、トイレやお風呂の設備は必要となります。ちなみに、農家さんの所へ赴く旅費は台湾人本人負担で結構です。

もし、最寄駅から遠い場合は、車で迎えに行って頂けると助かります。


受入までの流れ

①人材の受け入れ申込お仕事の具体的な内容を教えて下さい。人材の準備が必要なので、受け入れ時期の3ヵ月前までにご連絡下さい。
②求職者とWEB面接事前にWEB面接で、顔合わせして頂けますのでご安心下さい。
➂派遣契約派遣契約書を締結して頂きます。
④受け入れ実際に台湾人スタッフが農家さんの所へ訪れます。
➄勤務開始勤務開始です。もしお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

台湾人材の活用に興味のある方はこちらから、お気軽にお問い合わせください。

2営業日以内に、担当から折り返しさせて頂きます。

貴社名:

御担当者名:

電話番号:

- -

メールアドレス:

お問合せ内容:

送信: