新型コロナ終息後の人材確保は今がおすすめ!

最新記事


そのほかの動画はこちら

SDGsの取り組み

SDGsとは、17のグローバル目標と169のターゲットから成る国連の持続可能な開発目標のことです。 2015年9月の国連総会で採択されまして、2030年までに達成することを掲げています。持続可能な社会作りの為に、弊社では人材紹介業を通じて、SDGsの17の目標のうち、特に10番:「人や国の不平等をなくそう」という取り組みを推進します。

◆外国人雇用3つのmerit

①人材の確保

日本の生産年齢人口は減少する一方で、外国人の労働力を活用することは大きなメリットがあります。現在多くの外国人が日本に来ており、優秀な外国人を採用する事が可能です。

②売上機会の確保

人手不足による売上機会の減少は非常に勿体ないです。外国人を雇用し、しっかり社内体制を整え、売上を確保していきましょう。

③新たな販路拡大

外国人スタッフを雇用することで、外国への販路拡大のチャンスも開けます。インバウンド、アウトバウンド含めて、検討してみては如何でしょうか?

◆外国人雇用4つのbenefit

①人材不足の悩みから開放される

毎年沢山の外国人が日本へやってきてます。人材も豊富に居るので、今なら企業が優秀な人材を選べます。

②人材の定着率が上がり、採用の手間が減る

採用してもすぐに退職されてしまっては、困りますよね。外国人は日本語も技術サービスも一生懸命に覚えたいというモチベーションが高いので、日本人と比べて圧倒的に定着率が高いです。

③ダイバーシティある企業として認識される

性別、年齢、国籍に左右されない社内環境作りは重要です。ダイバーシティ(多様性)を認める社会作りは、今も今後も避けて通れないテーマとなっています。

④SDGsの実施で社会貢献

外国人の雇用を広げる事は、国連が掲げるSDGs項目の内、10「人や国の不平等をなくそう」の取組になります。企業イメージ向上にもなる外国人雇用です。

コラム

 震災時の義援金に感謝します

日本と台湾の友好2011年の東日本大震災で、世界最大規模となる200億円以上の義援金を贈ってくれた台湾。 2016年熊本地震では、6500万円の義援金を贈ってくれました。 そんな日本と友好関係にある台湾の若者を、日本企業が積極的に雇用することで、恩返しの一部が出来ると考えています。 当社は台湾人材の雇用を推進します。

台湾語翻訳も弊社にお任せください。

日本に来る台湾人観光客は、外国人観光客全体の15%超を占めるほど、無視できないものとなっています。また台湾人観光客は、非常にリピーターが多いのが特徴です。中国語対応のホームページはよく見かける様になりましたが、台湾語での対応はまだまだ少ないのが現状です。そんな台湾語翻訳業務も、弊社台湾人スタッフが行っております。

台湾人専門の理由

弊社が台湾人に特化して、人材をご紹介する理由。それは新日的で真面目、一生懸命な彼らの人柄に心底惚れ込んだからです。グループ会社の飲食店で彼らを実際に雇用したのが、台湾人専門人材紹介サービスの始まりです。面接バックレ無し、当日無断欠勤無し、急に辞め無い、こんな当たり前のことが出来る人材です。シンプルに「良い人材を広めたい」これに尽きます。詳しくは会社概要をご覧下さい。