真面目な台湾人の国民性

真面目な台湾人

弊社でも実際に何人もの台湾人を雇用してきました。彼らの真面目さは、今の日本人に忘れられつつある「心」を思い出させてくれます。そんな台湾人留学生の背景を少しお話ししたいと思います。

日本へワーキングホリデーにやって来る台湾人の多くは、一度台湾で就職したことのある人たちです。

台湾人留学生の不安

一度、台湾で就職したものの、台湾企業の待遇への不満、経済の停滞、将来の不安感から日本のみならず、海外へ留学する台湾の若者が多く居ます。ちなみに、台湾人の新卒初任給の平均は、日本円で約90,000円程度です。物価の差があるとはいえ、台湾経済の弱さを物語っています。

更に彼らに聞いて驚くことは、台湾で就職している時に、良い待遇を受けたと感じる人は少なく、先輩社員が後輩を飲みにつれていく、ことも少ない様です。そんな社会へ不満を感じた若者が、日本へ留学にやってくる訳です。

よく、「留学生は金持ちの子供で、あまり働かないんじゃないの?」 もしくは、「がむしゃらに稼ぐだけ稼いで、急にどっか行ったりしない?」と求人企業様から質問を頂きます。しかし他の国の留学生と異なり、台湾人留学生は、そんなことはまずありません。

彼らの親御さんは、台湾では中流階級以上の方々が多い感覚はありますが、先ほどもお伝えしたとおり、台湾と日本の物価差があるので、月にウン十万円も仕送りできる親御さんは少ないです。

生活に最低限必要な金額、大体月に7~10万円程度仕送りしてもらって、自分の欲しいものを買うお金、旅行代、遊び代をアルバイトで稼ぎたい、というニーズがあります。

ですから、「金持ちの子供で、あまり働かない」ということにも、「がむしゃらに稼ぐだけ稼いで、・・・」ということにもなりません。そういった意味でも、台湾人スタッフをお勧めする理由があります。

もう少し台湾人について知りたい方はコチラもお読みください。