アルバイトの人材不足の解決策

特に人材不足が深刻な5業界

日本経済の進展やグローバル化で仕事の選択肢が広がる中、人材不足が深刻化している業界も出てきています。業界別に「人材不足感があるか?」とアンケートを取った結果が下のグラフで、代表的な5業界を挙げていますが、何れも共通点として挙げるならば、「大変そう、しんどそう、大変な割に給与が安い」ということでしょうか。

これらの業界に人が集まりにくくなった原因の1つには、インターネットの普及によって実際に働く人の生の声が耳に入りやすくなった点が大きいです。過酷な労働環境や低賃金、ブラック企業のニュースなど、働く人がやり甲斐を感じられない業界の現状がネットを通じて広く知られる様になりました。


人材不足に対する解決策

この深刻な人材不足を国も無視できない事態となってきております。というのも、会社の働き手が居ないと景気循環が悪くなり、物価が上がらない、税収が増えない、といったデメリットがあるからです。

そこで、解決策として力を入れているのが、「労働環境の改善」「女性の登用」「定年の延長」「外国人労働力の活用」です。弊社がお手伝いしている「外国人労働力の活用」ですが、日本政府はより人材不足が深刻な業界から順次、就労ビザの緩和を行っています。

東京オリンピックの開催が決まり、建設ラッシュになった時には、建設業界の外国人就労ビザの門戸を拡げてビザ要件を緩和し、はたまた高齢化で介護の人材が不足するとなれば、介護業界の外国人受け入れを促進させています。

ですから、現在人材不足が深刻な業界で仕事をされている方々は、この「外国人就労ビザの動向」を随時チェックする様に意識する必要があると思います。私個人の見解としましては、飲食業界も近い将来外国人の就労ビザの受け入れ緩和に傾くと予想しています。

ただ現在はまだ、就労ビザの要件は厳しいままで、外国人の正社員化がまだまだ厳しい「飲食業界」ですので、人手不足はより深刻化しています。人手不足が原因で、閉店を余儀なくされるお店も少なくありません。一昔前は若者の花形のアルバイト先であった飲食業界ですが、現在は募集しても中々人材確保できないお店が多いです。

人が集まらない理由は、既述した様にインターネットなどでブラック企業が多いと注目される様になったことが大きいでしょう。更に、飲食業界の他に時給が高いアルバイトが増えたというのも一つの要因です。正社員として働く場合は更に過酷であり、ブラックな労働環境、名ばかり管理職の問題などが明るみに出るなど、飲食業界は多くの問題を抱えています。

 

弊社のお客様の9割は飲食業界の会社です。採用するまでは1円の費用も掛からないのがウリです。どの会社さんも安心して求人募集をして頂いています。もう無駄な求人広告費用をかけるのは辞めにしませんか?

TEL. 06-6484-6380

今の人材不足の解決策として「外国人労働力の活用」を少しでもお考えの方はこちらもご覧下さい。