中国語を話せる台湾人アルバイト募集がおすすめ

中国語を話せるアルバイトは重要な戦力

現在、中国の人口は約13億人で、伸び率は緩やかながら増加し続けています。また、シンガポールやマレーシアなどでも人口の25~60%は中国語を話す人々です。更に世界各地で生活している「華僑」の人々は推定3000~5500万人とも言われており、総計すると世界の4人に1人が日常語として中国語を使用している計算になります。国連でも中国語は公用語の一つとして採用されており、正に「世界言語」だと言えます。

 


日本へやって来る外国人観光客対策には中国語が必須

中国語は中国人だけのものではありません。東アジアの主要都市で、また世界中のチャイナタウンで、インターネットで、中国語は国境を越えた「共通語」として使われています。中国語を話せるアルバイトが居れば、コミュニケーションの可能性が世界に広がると言えるでしょう。

 


欧米から見た日本・中国・韓国の特徴

2014年10月、米ソーシャルメディアで、ネットユーザーたちが日本人、中国人、韓国人の国民性について書き込みをしています。米国人が太平洋を隔てた東アジア3国 の国民をどう見ているかが分かって興味深いと思います。まず、日本人については「礼儀正しい」が共通の認識のようです。

「基本的に日本人は控えめだが、こちらがオープンに接すれば表面上は人懐っこくなる。礼儀作法にうるさい」「おそらく韓国人や中国人ほど物質主義ではなく、大抵は礼儀正しい。奇抜だが興味深いファッションセンスを持っていて、外国人にもオープンで人懐っこい。仕事中毒で、サービスは世界一。初めて会う人に対してはシャイである」「とても礼儀正しくて、生意気なところがなく、相手を敬う人たちだ」こんなコメントからは、何事にもつつましやかでおとなしく、あまり自己主張しない日本人像が浮かんできます。

中国人に関しては「騒がしい」印象の様です。「出たがりで、時々騒がしく、社会的な礼儀に欠けるところがある。おそらく東アジアの中で最も独立精神を持っていて実務的である」 「とても騒々しく、物質主義。強烈な愛国主義であって、もてなしがよく、人懐っこい(相手を嫌いでなければ)、そして忠誠を重んじる」 世界第2位の経済力を背景に、存在感をますます増している中国人。米国人も中国人については、日本人と同じイメージを持っているようだ。

韓国人の印象としては「プライドが強い」「情熱的」などの言葉が並びます。「韓国に対するプライドがとても強い。さまざまな問題や視点、思想について非常に情熱的だが、それらはすべて100%韓国中心の考え方によるものだ」「とても人懐っこくて、もてなしがよく、控えめにもなれるし外交的にもなれる。集団でいるとかなり騒がしい」「物質主義で、どんちゃん騒ぎが好き。日本人よりも遠慮がなく直接的。家族の伝統をとても大切にする。子どもを大学に入学させるための塾通いは常軌を逸している」

 


日本人の国民性に合うのは台湾人

上記のように、中国人や韓国人はプライドが高く、日本人からすると時には自己中心的に見えることもしばしば。日本で働く中国人や韓国人と、多少のいざこざやトラブルに巻き込まれる人も少なくありません。そんな中国人や韓国人と比べ、台湾人の国民性は日本人に非常に近いです。真面目で謙虚で、おもてなしの精神もしっかり根付いています。それぞれの国へ行かれたことのある人は、台湾が日本とマッチングすることに自然と気づくでしょう。

日本へ来る中国語圏の人は年々増え続けていますので、その対応ができる人材として台湾人を選ぶ会社が増えています。そんな台湾人アルバイトや社員が欲しい方はこちらもご覧下さい。