大阪府の雇用促進支援金25万円

2020年10月、大阪府の吉村知事は新型コロナウィルス感染症の影響により、失業者が増えていることを踏まえて、雇用促進策を打ち出した。

その概要がこちら。非常に素晴らしい内容です。

2020年4月1日以降に、失業状態になった大阪府民を雇い入れた事業者への支援金(正規雇用:25万円/人、非正規雇用:12.5万円/人)を助成するというもの。


【支給額】

・正規雇用労働者の雇入れ:25万円(1人当たり)

※ここでいう正規雇用労働者とは、労働契約の期間の定めがない労働者です。

・非正規雇用労働者の雇入れ:12.5万円(1人当たり)

※ここでいう非正規雇用労働者とは、労働契約の期間の定めがある労働者です。

なお、同一の事業主が申請できる人数に制限はありません。

 

ここで注意点が一つ。正規雇用と非正規雇用の区別は「労働契約の期間の定め」が有るか無いか、という点。つまり、アルバイトでも労働契約の期間の定めが無ければ、正規雇用の分類となり一人25万円もらえます。

このポイントを知らない事業者の方が大半なので、これをご覧の方は、是非押さえておいて下さい。


【主な支給要件】

(1)大阪府緊急雇用対策特設ホームページに掲載している民間人材サービス事業者の求人特集に、求人を掲載したこと。

(2)(1)の求人に応募した令和2年4月1日以降に失業状態になった府民を令和2年10月1日から令和3年11月30日の間に雇い入れ、3か月間継続して雇用していること。

(3)雇い入れた労働者を雇用保険に加入させていること。

その他の要件等、詳しくは大阪府雇用促進支援金募集要項をご確認ください。


成功報酬で、人材確保のお手伝いをします

通常、指定の求人特集に掲載費を先に支払って、もし雇用できた場合に上記の支援金がもらえます。掲載費を支払っても、もし雇用できなければ、費用ばかりがかかってしまい、事業者にとってはリスクとなります。

しかし弊社では、アルバイトの場合、成功報酬(一名採用10万円)で求人をかけられます。採用者と期間の定めのない雇用契約を結ぶ場合、25万円が大阪府から助成されますので、15万円残る計算になります。

しかも、人数の上限はありませんので、これから複数名のアルバイト雇用を考えられている場合、採用人数×15万円が事業者に残ります。

採用者は週に20時間以上の勤務を三か月続ける必要がありますので、こちらだけご注意下さい。


お問合せ

まずは話だけ聞いてみたい、求人の依頼をしたい、等ありましたら、お電話かメールにてお気軽にお問い合わせください。

電話:06-6484-6380

メール:info@japan-baito.asia

Be the first to comment

Leave a Reply