仕事で頭が回らない3つの原因と改善策|すぐ実践できる効果的な方法も紹介

仕事を抱え、やることが多くどれから手をつけていいかわからない方や、ストレスにより頭が回らず不安な方は多いのではないでしょうか。

一時的なものだといいですが、継続してしまうとプレッシャーやストレスで体調を崩してしまいますよね。

そこで今回は、仕事で頭が回らない3つの原因と改善策、すぐ実践できる効果的な方法もご紹介します。

こちらの記事は仕事で悩んでいる方をサポートしている台日商事株式会社が紹介しています。

●プロフィール

経歴:仕事に悩んでいる方をこれまで1,000名以上の相談実績あり

本記事をご覧いただければ、悩みや不安の解決策がわかるだけでなく、仕事へのモチベーションがアップするはずですので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事で頭が回らないと感じる3つの原因

仕事で頭が回らないと感じる3つの原因

原因①:ストレスを感じている

原因②:寝不足(疲れ)

原因③:考えが整理できていない

それぞれの原因を詳しく説明していきます。

原因①:ストレスを感じている

職場の人間関係や業務内容などストレスを感じて仕事をする状況が続くと、思考力の低下・疲労感で頭が回らなくなってしまいます。

悩みや不安だけが頭の中でぐるぐると回ってしまい、気が付けばそのことで頭がいっぱいになってしまいます。

〇職場でストレスを感じる原因

・労働環境が悪い

・人間関係が良くない

・パワハラ、セクハラを受けている

・職場に馴染めない

このようなことばかり頭の中で考えてしまい、他の事が考えられなくなってしまいます。

原因②:寝不足(疲れ)

寝不足が続くと頭がだんだん重くなってきます。寝不足は仕事の質が下がります。

脳を休息するための睡眠が十分にとれないと、頭痛や倦怠感など、体調不良に繋がります。

〇寝不足による主な症状

・体がだるい(疲れが取れない)

・頭が回らない

・頭痛。肩こり

・食欲がなくなる

このような症状が続くと、集中力や注意力の低下となり生活の上で様々な支障をきたしてしまいます。

原因③:考えが整理できていない

仕事をしていると、複数の仕事を任されることも珍しくないですね。「マルチタスク」が当たり前な世の中で、出来ないとダメな雰囲気から、無理をしてしまいます。

考えることが多かったり、インプットした情報が多すぎたり、頭の中が整理できていないと、頭が回りません。

何から手を付ければいいのかわからなくなり、「仕事が遅い」と言われてしまうことにも繋がってしまいます。

仕事で頭が回らない時の改善策は3つ

仕事で頭が回らない時の改善策は3つ

改善策①:しっかり休養をとる

改善策②:上司や先輩に相談する

改善策③:マルチタスクを辞める

それぞれの改善策を詳しく説明していきます。

改善策①:しっかり休養をとる

ストレスを感じていたり、寝不足の場合の改善策として「しっかり休養をとる」ということが挙げられます。

疲れていると頭は回りません。十分な休息がとれれば、解決する可能性もあります。

快適と感じる睡眠時間は個人差があると思いますが、6~8時間の睡眠時間は必要です。

睡眠だけではなく、勤務時間中の休憩時間も頭や気持ちを休めるということも大切です。

〇その日の疲れはその日のうちに回復させるために

・十分な睡眠をとる

・湯船にゆっくり浸かり身体の緊張を緩める

・栄養のある食事をする

・好きなことに使う時間を作る

自分に合った休養法の幅を広げ、計画的に休養の時間を作ることで疲労解消を上手く行えます。

健康な体が一番大切です。体からのサインを見逃さないように、しっかり労わってください。

改善策②:上司や先輩に相談する

どの原因にもやはり「上司や先輩に相談する」ということをおすすめします。

一人で悩み抱えていても、何も解決はできません。

状況を知ってもらうことで、『改善のための相談』となり、環境や体調が回復することに繋がります。

相談することで

・経験者である先輩にアドバイスがもらえる

・仕事量の調整

・人間関係など環境へのストレスは部署移動等対策をとってもらえる

相談することで解決することもあります。

相談しても解決せず、あなたの力だけではどうにもできない場合、転職も視野に入れて環境を変えることがおすすめです。

台日商事では転職の準備などを検討されている方のご相談を承っています。

ご相談者に親身になって対応していますので、仕事に不安を抱えている方や転職するかどうか悩んでいる方はお気軽にご相談してみてください。

改善策③:マルチタスクを辞める

仕事量が多く考えが整理できない場合の改善策として「マルチタスク」を辞めるということが挙げられます。

考えが整理できていない=頭の中の情報量が多いということが考えられます。

マルチタスクが出来て当然の雰囲気の中で、任されたら断れず抱え込む傾向にあります。

マルチタスクが不得意な人はシングルタスクに切り替えをおすすめします。

〇シングルタスクにすることのメリット

・集中力が増し業務が中途半端にならない

・焦ることなくミスも減る

・自分のキャパを超えない

・一つの業務の事をしっかり考えられる

シングルタスクで効率よくこなすことで集中力も高まり、クオリティの高い仕事が出来るようになります。また、集中力を鍛えられればマルチタスクへ切り替えられることもできます。

頭の回転をよくする効果的な方法【すぐ実践できます!】

頭の回転が良くなることで仕事の効率を高めることができます。

・処理能力が高まる
・マルチタスクが得意となる
・会話のテンポが良くなる

頭の回転が良くなると、「仕事ができる」「会話が上手」など好印象ですね。

頭の回転は日頃のちょっとした工夫で良くなります。

〇頭の回転を良くする効果的な方法
・会話を積極的にする
・日記を書く
・速読をする

すぐ実践できますので試してみてください!

実践① 会話を積極的にする

会話を沢山することで、質問されたことに的確に答えなければならない為、頭の回転を良くする練習に最適です。

また、コミュニケーション力も身に付きます。

家族や友達など身近な相手から始めていくといいですね。

慣れてきたら、会話の中で相手への配慮もできるようになります。

実践② 日記を書く

頭の回転を良くするためには、アウトプットが大切です。

ノートに書き出すことが最適ですので、日記を書くことも効果的です。

書き出すことで頭の中の整理にもなりますし、気持ちを綴ったりすることで言語化する能力も磨かれます。

また、本を読んだ感想を要約して書き出せば、読解力身に付きます。

これらを継続していけば、仕事の会話でも無駄なく端的に説明できたり、指示したりできます。

実践③ 速読する

速読とは、瞬間的に文章をひと固まりで理解する読み方のことです。

ただ読んで終わりではなく、しっかり理解できているかが重要です。

読んだ情報を素早く処理するということは、情報処理能力の向上に繋がり、頭の回転をよくします。

速読を続けることで、短時間で多くの情報を処理することができるようになります。

まとめ

今回は、仕事で頭が回らない3つの原因と改善策とすぐ実践できる効果的な方法をご紹介してまいりました。

仕事量が多く頭が回らず、ストレスや寝不足が続きながら、仕事をするのはとても辛いです。

一人で抱え込まずに台日商事にご相談してみてください。

弊社は、仕事に悩んでいる方をこれまで1,000名以上の相談を受けてきました。

20~30代の方向けに、今ある不満・不安を解消すべくしっかり寄り添い、あなたに合った今より良い条件・環境に転職できるように支援しています。

あなたが一歩踏み出す勇気を応援しサポートします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる